ここから本文です

浜松市議会の新議長 行政区再編協議について「ゼロから」

5/20(月) 22:02配信

静岡朝日テレビ

「自民党浜松のドン」とも呼ばれるベテラン市議が、浜松市議会の議長に就任。行政区再編の協議について「ゼロからスタートする」との考えを示しました。

浜松市議会・柳川樹一郎新議長「この4年間は、行政区再編に絡めて、色々な協議・意見が出てくるのでは。まずはゼロからのスタートという気持ちでいる」

先月の浜松市議選で、自民党浜松は単独過半数を獲得しました。

きょう議長に選出された柳川樹一郎市議は、当選9回で旧浜松市時代も議長を務めた自民党浜松の実力者です。

柳川市議が議長に再登板し「4年間かけてゼロから議論する」と慎重な姿勢を示したことで、行政区再編の早期の実現を目指す鈴木康友市長はさらに難しい状況に追い込まれた形です。

最終更新:5/20(月) 22:02
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事