ここから本文です

今すぐ実践! レタッチいらずの美脚モデルが教える、脚美人になるための究極TIPS5

5/20(月) 21:40配信

ELLEgirl

夏はもう目の前! ミニスカートや水着など、脚を露出する機会がぐんっと増えるこの季節、少しでも美脚になりたいガールに朗報! 「ATSUGI」のパッケージモデルを10年以上続け、“レタッチいらずの美脚”と業界で名を馳せる話題のモデル・彦坂桜さんが、美脚になるためのTIPSを伝授! 現役モデルの美脚技を参考に、自分史上最高の脚を手に入れて☆

【写真】体の柔らかさが自慢!しなやかな美ボディを誇るセレブの開脚ポーズ8

TIPS1: 塩分は大敵! カリウムの多い食事を取り入れて

「むくみの大敵は“塩分”。大事なパッケージの撮影前などは、塩分の強いものは控えて、アボカド、バナナ、キュウイ、プルーンなど、体内の塩分を外に排出する働きのある“カリウム”が多く含まれているものを食べるようにしています。グレープフルーツやレモンなど、血流をよくすると言われている“クエン酸”も一緒に摂ると効果的! 両方ともが多く含まれているプルーンは、おやつとしてもオススメですよ」

TIPS2: マストアイテムは、ホッカイロと着圧ソックス

「むくませないためには、とにかく冷やさないことも大切! 夏でもクーラーで体が冷えて血流が悪くなってしまうことが多いので、ホッカイロを常備しています。気が付いたときにひざの上に置いたり、ひざ裏に当てたりするだけでも、全然違ってきますよ。また、着圧ソックスやタイツは私のマストハブアイテム! 外出用、家用、おやすみ用……など、数え切れないほど持っていて、その日のむくみ具合によって、圧力の強さを変えています」

TIPS3: ヒールとフラットシューズの使い分けを徹底

「1日をフラットシューズで過ごした場合はみかん一個分、ヒールではりんご一個分の水分が脚に溜まるそう! その差は、足首の稼働量。足の裏全体を地面につけて、ぐっと足首を使って歩くことができるフラットシューズは、常に足首が浮いた状態にあるヒールよりも足首を稼働させることができるので、むくみにくいんです。
 
とはいえ、もちろんヒールを履く日もあるので、そんな日はフラットシューズを持ち歩き、帰り道で履き替えるなど、必要以上にむくまないように調整しています。時々ヒールを脱いで、足首を回すだけでも違ってくるのでやってみて」

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 21:40
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事