ここから本文です

得点ランク2位のベンゼマ、海外年間最優秀フランス人選手賞を受賞!

5/20(月) 11:31配信

SPORT.es

レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマは、フランス全国プロフットボール選手連合(UNFP)の授賞式において海外年間最優秀フランス人選手賞を受賞している。

『絶好調ベンゼマはメッシに並ぶ?』あるアンケートが物議!気になる反応は?

53試合で30ゴール7アシストを記録し、自身最高のシーズンの一つを経験したベンゼマは、「この賞は、自分にとって大きな意味があり、とても嬉しい」と語っている。

ベンゼマは、ラ・リーガにおいて21ゴールを上げている。この数字は、得点王レオ・メッシの36ゴールに次ぐものであり、FCバルセロナのルイス・スアレスと同じである。なお、ベンゼマは、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)、エンゴロ・カンテ(チェルシー)、ウーゴ・ロリス(トッテナム)、ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)を上回り、海外年間最優秀フランス人選手賞を受賞している。

パリにあるパビリオン・ダルメノンヴィルで行われた第28回UNFPアワードのその他の受賞者は、パリ・サンジェルマン(PSG)のキリアン・エムバペ(リーグ・アン年間最優秀若手選手賞)、リールの監督クリストフ・ゴルティエ(リーグ・アン年間最優秀監督賞)、リールのGKマイク・メニャン(リーグ・アン年間最優秀ゴールキーパー賞)、ディディエ・ドログバ(名誉トロフィー)となっている。

ベンゼマは、オリンピック・リヨンでプレーしていた際、すでに2008年のリーグ・アン年間最優秀選手賞を受賞している。ただ今回は、直近2年受賞していたカンテと2016年に受賞し、アトレティコを退団すると発表しているグリーズマンを抑えて、ベンゼマが海外年間最優秀フランス人選手賞を受賞している。

SPORT.es

最終更新:5/20(月) 12:23
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事