ここから本文です

なにもかもが斬新過ぎる!|テスラ期待の量販車「モデル3」に初試乗

5/20(月) 16:50配信

オートックワン

テスラの主力モデルに位置付けられる量販車種「モデル3」

何かと話題となっているテスラの量販車種「モデル3」の試乗車(プロトタイプ)が用意出来たというので、早速ハンドルを握ってみました~。

■斬新すぎるインテリアにびっくり!「テスラ モデル3」を画像で見る[29枚]

テスラ モデル3を簡単に説明しておくと、テスラの主力的なモデルとして位置づけられている車種。素晴らしいのが価格で、アメリカだと3万5千ドル(約385万円)という。

日産 リーフと同等のスターティングプライスを付けた。現実的には安いモデルを販売しておらず、買おうとすれば500万円以上になってしまうようだけれど、予約殺到! 一時は30万台以上のバックオーダーを抱えたと報じられたほど。
ただ実際の台数についちゃ不明。テスラの場合、聞いても答えてくれないケースがデフォルトなのだった。受注台数解らなければ、納期だって不明です。

そればかりか、自動運転システムが起因と言われる事故や発火事故があっても「当局から聞かれた情報を出している」という答えのみ。唯我独尊です。このあたり、既存の自動車メーカーと全く違う。という点を理解し、納得した人のみテスラのユーザーになってもいいと思う! まぁ信仰のようなもの。私は買わないけれど、否定もしません。

ということで、以下全く責任を取れない情報です。

モデル3には他の自動車メーカーのEVとは全く違う楽しさがある

■シンプルに「乗って楽しい」クルマ

テスラ モデル3、クルマそのものは相当楽しい! 日産 リーフを始め、ジャガー iペースといった「自動車メーカーが作った電気自動車」と全く違うアプローチなのだった。

そもそもコクピットに座ると、ウインカーレバーやシフトなど最小限の操作系と、大型液晶画面しかない。いわゆる「装飾品」無し。デザインもシンプルだ。乗った瞬間から「普通のクルマと違う感」が濃い。これはメルセデス・ベンツ Sクラスと同等の価格設定であるテスラ モデルSなどにも共通していること。

そして単に動かすだけなら、猛烈にシンプル。遊園地のゴーカートをイメージしてもらえばいい。Dレンジをセレクトするという操作こそ必要ながら、基本的にはアクセルとブレーキとハンドルだけ。小学校1年生だって本能的に運転出来ることだろう。ウインカー操作だけすれば、後はナニもいらない。

1/3ページ

最終更新:5/20(月) 16:50
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事