ここから本文です

【ツアー・オブ・カリフォルニア / レビュー】ポガチャルが史上最年少でワールドツアー制覇「勝つために持てる力を全て尽くした」

5/20(月) 17:34配信

J SPORTS

とてつもなくフレッシュな顔ぶれが、2019年ツアー・オブ・カリフォルニアの総合表彰台に並んだ。総合3位は、約1年前の4月1日にプロ転向した、24歳カスパー・アスグリーン。2位は大会開幕の直前5月1日に、現チームでワールドツアーデビューを果たしたばかりの21歳セルジオ・イギータ。

そして最上段で黄色いジャージを身にまとった王者こそ、タデイ・ポガチャルだ。

「自分自身でもちょっと驚いている」

大会6日目のクイーンステージを制した直後にこう語った20歳は、その翌日、史上最も若いワールドツアー大会覇者となった。

「今季最大の目標がこのツアー・オブ・カリフォルニアだったし、そのために十分に準備を積んできた。勝つために持てる力を全て尽くした」

今季からプロとしての走り出した早熟なチャンピオンは、30歳のヴァンガーデレンや34歳ポート、29歳ベネットという経験豊富なベテランたちをまとめて蹴散らした。そもそも昨夏「ツール・ド・フランス登竜門」ツール・ド・ラヴニールで総合優勝を勝ち取ったのは、全部で4年あるアンダー23カテゴリーの、わずか2年目でしかなかった。

ちなみに昨季のカリフォルニア総合覇者エガン・ベルナルもまた、その1年前に、やはりアンダー2年目でラヴニールを勝ち取っている。ただ1月生まれのコロンビア人クライマーは、昨5月にキャリア初のワールドツアータイトルを獲った時点では、すでに21歳になっていた。

ご存知の通り、ベルナルは昨7月、人生初のグランツールを戦った。しかもトーマス・ゲラントの総合優勝&クリス・フルームの総合3位のために働きつつ、自らも総合15位入りというとてつもない快挙を収めている。

当然ながらポガチャルにも、大きな期待がかかる。もちろん将来的には「グランツールライダーになりたい」と本人は断言するが、現時点では「自転車選手として着実にに成長を続けることに集中したい」。つまり2019シーズン中に3週間のレースに出場するつもりはないそうだ(2020年のジロかブエルタが初参戦の予定。イギータは今秋のブエルタ出場の可能性あり)。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 17:34
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事