ここから本文です

100均グッズで、油にまみれたキッチン汚れをらくらくスッキリ。4つのお掃除アイテムの使い方

5/20(月) 14:00配信

マネーの達人

ガスレンジの黒い影のような汚れは「おそうじ消しゴム」で消す

最近のガスレンジは、ガラストップになっているため掃除が簡単になりました。

濡れた布でふき取るだけできれいになります。

しかし、バーナーリング(火の周りの丸い部分)だけは汚れが落ちません。

とくに黒い影のような汚れは凹凸もなくシミのように染みついています。

濡らしたスポンジやタワシを使ってジャブジャブ洗いたくなるけれど、火に近い部分のため過剰に濡らしてしまうと故障の原因になりそうな気がします。

そんなときに便利な100均グッズがダイソーの落ち落ちVシリーズのおそうじ消しゴム「こするだけ!」です。

こするだけ!シリーズの種類はたくさんありますが「IHヒーターのコゲつきに!」ならば、力をいれてこすっても塗装が剥げることはありません。

ついたっぷり入ってお買い得そうな「メラミンスポンジ」を買いたくなりますが、メラミンスポンジはやわらかすぎてボロボロと崩れてしまいます。

「IHヒーターのコゲつきに!」ならば塩化ビニル樹脂に研磨剤が入っているため、適度な弾力で汚れだけを落とします。

上手に使うコツは、十分に濡らすことです。

そして、おそうじ消しゴムでこする前に、油汚れはしっかりと落としましょう。

油汚れが残っていると、つるつるとすべってしまい消しゴムの力を発揮させることができません。

「IHヒーターのコゲつきに!」は、鍋やフライパンのコゲを落とすときにも便利です。

ただし、ホーロー鍋のコゲ落しには使わない方がいいでしょう。

筆者はルクルーゼの鍋を持っているのですが、火加減に失敗し、ひどいコゲをつけてしまいました。

「IHヒーターのコゲつきに!」で鍋の底をゴシゴシとこすってみた結果、白い鍋底が再び出てきました。

しかし、触ってみるとホーローのツルツル感はなく、ガラス質の下の層が出てきていることに気がつきました。

「IHヒーターのコゲつきに!」を使うときには、最初に目立たないところで試してみることをおすすめします。

2/3ページ

最終更新:5/20(月) 14:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事