ここから本文です

100均グッズで、油にまみれたキッチン汚れをらくらくスッキリ。4つのお掃除アイテムの使い方

5/20(月) 14:00配信

マネーの達人

蛇口周りは歯ブラシよりも「キッチン用柄付きクリーナー」

台所掃除の必需品といえば歯ブラシです。

とくに細かな溝やスポンジが入りにくい蛇口周りの掃除は歯ブラシを使います。

しかし、歯ブラシは細かく洗えるようで、意外と大ざっぱにしか汚れを落とせません。

蛇口のまわりの接続部分は、歯ブラシが入らなかったり、角度によって力が入らなかったりすることもあります。

そんなときには、ダイソーのキッチン用柄付きクリーナーが便利です。

商品名は「水だけでヌメリ・茶シブハード落ち」です。

本来の目的は、弁当箱や水筒の細い溝を洗うためのグッズです。

しかし、メラミン樹脂とアクリル樹脂の2種類の固さが、蛇口周りの水垢汚れ落としに役立ちます。

歯ブラシのように片面だけにブラシが付いているのではなく、表裏と側面まで使えるため蛇口のような複雑な箇所でも向きにこだわらず力を入れます。

100均のお掃除グッズは「わざわざ買わなくても別のもので代用できる」と思い節約していました。

しかし実際に使ってみると、面白いように汚れが落ちたり、想定外の掃除に役立ったりと、掃除を「面白い」と感じることができました。

使いにくい道具でストレスを感じながら掃除をするよりも、100均グッズで面白がって掃除をする方が実はお得なのかもしれません。(執筆者:式部 順子)

3/3ページ

最終更新:5/20(月) 14:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事