ここから本文です

Nest Hubでゲームもできそう。声やタップで操作できるインタラクティブなアプリが作れるように

5/20(月) 20:13配信

ギズモード・ジャパン

キッチンでゲーム、もいいかも。

Google I/Oでも新機種が登場するなど、徐々に存在感を高めているスマートディスプレイ。動画やレシピを見たり、タッチ操作による簡単なショートカットが利用できるのが現状なのですが、さらに使い道が増えそうです。GoogleはGoogleアシスタントやタッチ操作でゲームなどのインタラクティブなアプリを開発できるキットを発表しました(現在は開発者向けにプレビュー中)。

【記事の全画像】Nest Hubでゲームもできそう。声やタップで操作できるインタラクティブなアプリが作れるように

これもGoogle I/Oでの発表内容なのですが、今後は開発者がスマートディスプレイにてGoogle アシスタントのアクションを利用して開発ができるようになります。そしてHTMLやCSS、JavaScriptなどの、開発者にとって親しみやすいツールを利用してのアプリ制作に取り組めるのです。

Interactive Canvasと呼ばれるこの仕組みでは、音声や映像、タッチ操作を利用して、ユーザーとインタラクティブ(相互的)なやりとりが可能になります。ディスプレイ上部に白いバーが表示され、そこにはGoogle Assistantとの会話スペースになるようです。

この仕組みはGoogle アシスタントとスマートディスプレイを組み合わせたもので、おそらく複雑なゲームのようなものは当面登場しないことでしょう。それでも、キッチンやベッド横の大画面でゲームが楽しめれば、きっといい暇つぶしになるはずですよ!

Source: Google via 9to5Google

塚本直樹

最終更新:5/20(月) 20:13
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事