ここから本文です

今年の年末にAirPods 3が発売されたら、実は「AirPods 2」が買いかも

5/20(月) 21:21配信

ギズモード・ジャパン

いよいよ買い時がわからない。

以前からApple(アップル)のワイヤレスイヤホンAirPodsに、新モデル「AirPods(第3世代)」の登場がささやかれていました。噂では、2019年の第4四半期、つまり今年の年末に登場するのは?と言われています。

【画像】今年の年末にAirPods 3が発売されたら、実は「AirPods 2」が買いかも

そのAirPods(第3世代)について、追加情報です。

AirPods 3は「システム in パッケージ」?

台湾紙のDigiTimesによると、まずAirPods(第3世代)はSiPとよばれる新技術を採用するとのこと。SiPとは、System in Packageの略で、AirPodsを動かすための部品を1チップの上に実装するということ。

今のAirPods(第2世代)はリジッドフレキシブル基板で、複数の基板から組み上げられています。これが1チップになることで省スペースになり、結果バッテリーも増える、なんてこともかもしれません。

そのほかAirPods(第3世代)については、以前にノイズキャンセリング機能が搭載されることを伝えられていました。

現行の「AirPods 2」は併売?

現行のAirPods(第2世代)が発表された際、それまで販売されていたAirPods(第1世代)は販売を終了しました。しかし第3世代では、第2世代も併売されるかもしれません。

Unitech Printed Circuit Board社は、現行モデルのAirPods(第2世代)向けのPCB(プリント基板)の生産を2020年にかけて拡大するとのこと。新モデルが登場した後にディスコンになるのであれば、あまり生産を拡大はしないでしょう。

このことから、2020年には現行モデルと新モデルのAirPodsが併売される可能性がありそうなのです。

併売されるとしたら、価格は下がる?

もし併売されたら、価格は下がるかもしれません。iPhoneでは、新型が発売されると旧モデルが安く併売されることが多々あります。以前の噂ではAirPods(第3世代)は、より高額になるとの噂ですし、噂のノイキャンにこだわらなければ、AirPods(第2世代)がもしかしたら買いかも。

ちなみに以前、アナリストのミンチー・クオ氏は新型AirPodsにハイエンドモデルと通常モデルの2機種が登場することを報告していました。これはもしかすると、第2世代と第3世代のAirPodsを意味していたのかもしれません。

Source: DigiTimes via 9to5Mac

塚本直樹

最終更新:5/20(月) 21:21
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事