ここから本文です

【100均ダイソー】洋裁歴28年の筆者オススメ「和小物3選」 つくり手目線でよさを解説

5/20(月) 19:01配信

マネーの達人

実用性と品質のよさでは折り紙つきのダイソー製品ですが、おしゃれ小物も例外ではありません。

特に注目すべきは和布小物です。

見た目がおしゃれなのはもちろん、品質、使用感ともに100円とは思えない良品です。

今回は洋裁歴28年筆者が、縫製やデザイン、実用性について、作り手目線で3種類の和小物(袋物)を解説します。

します。

1. 巾着 金魚大

花柄とちりめん風の化繊布で作られた巾着袋です。

見た目は花柄と金魚のデザインがおしゃれかわいい印象で、大人の女性が持ってもまったく違和感がありません。

筆者が最も最も注目したのは縫製のよさです。

表側は無地と花柄の切り替えになっており、両サイドには無地の布で背びれが挟み込まれています。

また、上下には黒のパッチワーク(目)やミシン刺繍(目の縁取りや口など)もほどこされています。

さらに驚いたのは裏地つきであることです。

それも縫製が非常にしっかりしています。

ご覧のように平織の赤無地布が裏地になっており、非常にきれいな縫製です。

これなら持ち歩いても安っぽく見えません。

大きさは縦17cm、横15cmで、化粧品入れや貴重品入れとしてちょうどいいサイズです。

筆者は現在化粧品と携帯用ブラシを入れていますが、小さいお財布などの貴重品入れにもなります。

こちらは汚れたら水洗いできます。

しかしこの手の生地は色落ちしやすいため、他のものと一緒に洗うことはおすすめできません。

2. がまぐちミニコインケース

ダイソーには数種類の小銭入れがありますが、筆者が着目したのは「がまぐちミニコインケース」です。

縦6cm、横幅最大7cmで底にはマチがあり、非常にコンパクトなサイズです。

無地と花柄の切り替えになっていておしゃれです。

内部を見るとやはり裏布がついており、内部は意外とたくさん入る印象です。

縫製もかなりしっかりしています。

お金を入れてみると、10枚以上の小銭が余裕で入る大きさで、小さく折りたためばお札も入ります。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 19:01
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事