ここから本文です

ヘンリー王子だけじゃない。育児休暇を取得したセレブパパたち

5/20(月) 23:01配信

ELLE ONLINE

ハリー王子が息子アーチー王子の誕生に際し、1ヶ月の育児休暇を取得するとケンジントンパレス側が発表。育児休暇を取得したセレブ・パパは?

ヘンリー王子

メーガン妃との間にアーチー王子が生まれ、「人生で最高にハッピー」なヘンリー王子様。ケンジントンパレスの発表によると、王子は今後1ヶ月間は育児休暇を取得するとのこと。といっても軍務を離れて、公務に専念しているヘンリー王子なので、育休もイギリス人男性のそれとはちょっと違って、変則的なスタイル。発表によるとヘンリー王子は公務をすべて休むのではなく、1週間に一度程度に抑えるとのこと。なのでアーチー王子の誕生から3日後には情熱を注いでいるインヴィクタス・ゲームのキックオフイベントに出席し、翌週にはエリザベス女王とともにロイヤル・ウィンザー・ホース・ショーに出席と父親業のかたわら、ゆる~いスケジュールで公務に勤しむ感じ?

ウィリアム王子

ハリー王子より先に育児休暇を取得していたのが兄のウィリアム王子。キャサリン妃がジョージ王子を出産する際には産前2週間、産後に6週間の育児休暇を当時勤務していた民間企業イースト・アングリカン・エア・アンビュランス社に申請。でも初産だったせいか、予定よりも出産が遅れたので、育休を特別に1週間延長してもらったという経緯も! 初めて父親となったウィリアム王子はほぼひと月は公務もほとんど休み、愛妻と愛息と過ごすことを選択。シャーロット王女が誕生したときも無給の育児休暇を1ヶ月申請したけれど、ルイ王子のときには民間企業を辞職していたので育休申請はなし。ただし公務はしっかりとこなしている。

カニエ・ウェスト

ミュージシャン兼デザイナーであり、リアリティスターの夫としても多忙なカニエは、なんと愛妻キムが長女ノースちゃんを出産直前に「産後に6ヶ月の育児休暇を取る予定」と公表。カニエのスタッフによると、当時の彼はアルバム製作などでキムと離れ離れで過ごすことが多く、初の妊娠でナーバスになっていた愛妻をかまってあげられないことを心底反省していたそう。出産後は育児休暇を取得して、愛妻と娘のために100%献身するべくすべての仕事を前倒しで片付けたというから父性愛パワーに圧倒される。ただし、べったりと自宅にこもることには一度で飽きちゃったようで、長男セイント君誕生の際は特別な育児休暇は宣言しないまま。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 23:01
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事