ここから本文です

「This is炎鵬」実況・市川アナも大興奮 炎鵬、豊ノ島を叩き込みで下して7勝目

5/20(月) 16:25配信

AbemaTIMES

<大相撲夏場所>◇九日目◇20日◇東京・両国国技館

 6勝同士の対戦となった前頭十四枚目の炎鵬(宮城野)と十両筆頭・豊ノ島(時津風)の一番。過去の対戦成績は炎鵬の3戦全勝だ。

 立ち合い、激しく真っすぐに身体をぶつけていった豊ノ島に対して、瞬時に右に変化した炎鵬は左からの叩き込みで豊ノ島を土俵の下に転がした。

 AbemaTVで解説を務めていた元前頭・玉飛鳥の熊ケ谷親方は「豊ノ島はしっかり当たって前に出ました。そこは負けたとはいえプラス。一方の炎鵬は諸手で突いて、すぐいなしました。豊ノ島もついて行けませんでしたね」と解説した。

 あっという間の出来事に、実況の市川勝也アナウンサーはVTRで取組を振り返ると「This is 炎鵬」と興奮気味に話していた。

最終更新:5/20(月) 16:25
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事