ここから本文です

リーグ・アン初ゴールの酒井宏樹がチームメイトに感謝「彼らのゴールセレブレーションは最高」

5/20(月) 12:07配信

GOAL

マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は、リーグ・アン初ゴール後のチームメイトからの祝福への喜びを語った。

権田、大迫の奥さまは“超”がつく美女だった!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【32枚】

18日のマルセイユが5-2で勝利したトゥールーズ戦にフル出場した酒井。1-1で迎えた50分に左足でハーフボレーシュートを叩き込み、2-2で迎えた76分には勝ち越し点を奪ったクリントン・エンジーにアシストをするなど敵地での勝利に大きく貢献した。

マルセイユに移籍して3シーズン目が終わりを迎えようとする中、この試合でリーグ・アン初ゴールを奪い、チームメイトから手厚い祝福を受けた酒井の試合後のコメントをフランス『La Provence』などが伝えている。

「僕は十分にゴールやアシストをできていなかったので、得点を奪うだけなく、アシストもできてとてもうれしいです。それに僕のゴールを祝ってくれたチームメイトのリアクションは僕にとって最高のものでした」

この試合で1ゴール1アシストを記録し、マルセイユの勝利に大きく貢献した酒井に対してフランスメディアが称賛。『レキップ』は日本代表DFに『7』を与え「(マックス)グラデルに手を焼いていたが、良いパフォーマンスだった。ディフェンス面で(フロリアン)トヴァンをサポートできていなかったものの、決定的な仕事をしたスコアラーであり、パサーだった」と評価した。

また、『Football365』は『レキップ』と同様に酒井に『7』を与えるとともに、ディジョン戦で2ゴールを挙げて今シーズンのゴール数を32にまで伸ばしたパリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペらとともに同メディアのベストイレブンに選出している。

マルセイユは、24日に行われるリーグ最終節でホームでモンペリエと対戦する。

最終更新:5/20(月) 12:07
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事