ここから本文です

元貴乃花親方が道場設立、政界進出は否定「ここからまた新たなスタートを」

5/20(月) 16:53配信

AbemaTIMES

 去年10月に日本相撲協会を退職した元貴乃花親方の花田光司(46)が19日、都内で記者会見を行い『一般社団法人貴乃花道場』の設立を発表した。

 同道場は相撲を通じて健全な青少年を育成し、その精神を国内外に普及することなどを目的としており、理事長に、ユネスコ事務局長などを務めた松浦晃一郎氏が就任し、花田は理事を務める。

 会見で花田は「とにかく裾野を広げる活動を以前からやりたかったので、今回『貴乃花道場』を設立してここからまた新たなスタートをしていこうと思います」と決意を語り、それから「私自身もお子さんと触れあう中で、また、お子さんだけでなくて、世界各地へ出来るだけ足を運んで日本の伝統文化を伝えて参りたい」とコメントした。

 花田は20日、イタリアに渡り、相撲の歴史や体の鍛え方などを伝える普及活動を行うという。一方でかねてから噂されている、政界進出についての質問に改めて答える場面も。花田は「政界進出はありません。ただ今日の発起人や、お越しくださった先生(議員)方には多方面でご指導賜りたいとそういう風に思っています」とコメント。その後で記者から「では参議院選の出馬はない?」と確認されると、花田は「はい、ありません」とはっきり否定した。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:5/20(月) 16:53
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事