ここから本文です

羽生善治九段、通算1432勝 最多記録「1433」にあと1つ 23日に谷川浩司九段戦/将棋・王座戦挑戦者決定T

5/20(月) 21:34配信

AbemaTIMES

 将棋の羽生善治九段(48)が5月20日、王座戦挑戦者決定トーナメント1回戦で、近藤誠也六段(22)に102手で勝利し、2回戦に進出した。この勝利により、羽生九段の通算成績が、2024局で1432勝590敗2持将棋、勝率0.708(未公開の対局を含む)に。大山康晴十五世名人が持つ最多記録、1433勝にあと1勝と迫った。

 羽生九段は1985年12月18日、四段昇段を果たして史上3人目の中学生棋士としてプロ入り。数々の最年少、最多記録を更新し、当時7つだったタイトルを独占する「七冠独占」さらに、永世称号の資格を得る「永世七冠」も達成している。この日の対局は、過去24期の経験がある王座への挑戦権をかけたトーナメント。勝利したことで、2回戦では藤井聡太七段(16)と佐々木大地五段(23)の勝者と対戦することも決まった。

 羽生九段の次の対局は23日で、相手は同じく中学生棋士となり、史上最年少の21歳で名人となった谷川浩司九段(57)とのレジェンド対決。対局が成立すれば、同一カードとしては史上2位タイとなる167局目の対戦となる。

最終更新:5/20(月) 21:36
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事