ここから本文です

「お金が好き」はお金が集まりやすい? 貯金が得意な人がしている貯蓄術

5/20(月) 18:00配信

LIMO

「私はお金が貯まらないタイプだから」と諦めていると、いつまでも貯金が増えない状態が続いてしまいます。では、どうすればお金が貯まるようになるのでしょうか。その原因と対策を探ってみましょう。

お金が貯まらない人、貯まる人、どう違う?

お金が貯まるかどうかは、その人の「心構え」が大きく影響しています。「お金が貯まる人」の心構えを知って、普段の考えに取り入れていきましょう。

 お金が大好き

日本には、「お金儲けをしている人は卑しい」「お金のことばかり考えているなんて」というような考え方が根づいています。なんとなく「お金が好きだ」と声を大にして言いにくい空気も漂っていますよね。その状況が、お金を稼ごうとする気持ちにブレーキをかけてしまうのです。

貯金に本腰を入れるには、まずその思考を変えていきましょう。お金が好きになると、「頑張ってお金を集めよう」という意欲がアップします。それにより、自然とお金が集まってくるでしょう。

 自ら「貯めたい」と考える

無意識のうちに「お金を貯めなければならない」と捉えていませんか? 貯金を義務のように感じている状態では、どうしても積極的な気持ちになりにくくなってしまいます。心の底から「お金を貯めたい」と思うことで、貯金のモチベーションを高めましょう。

そのためには、貯金の目標を掲げるのが効果的です。「マイカーを買うため」「マイホームの頭金のため」といったゴールを決めて、「貯めたい」という気持ちを強くさせましょう。老後資金を貯める場合は、目標金額に加えて「何歳のときにいくら貯めるか」と区切ってペースを作るのがおすすめですよ。

みんなどれくらい貯金しているの?

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]」(2018年)によると、金融資産の保有額は、平均744万円となっています。平均値は一部の富裕層に引き上げられてしまうので、「みんなかなり貯金しているな・・・」と思った方もいるのではないでしょうか。

※ここでいう「金融資産」とは、定期性預金・普通預金等の区分にかかわらず、運用の為または将来に備えて蓄えている部分をいいます。

そこで中央値を見てみましょう。中央値とは、保有額の少ない(多い)順に並べて真ん中に位置する値です。同調査では、50万円となっています。

いきなり「100万円貯めるぞ!」と力んでも、なかなか続かないのも現実です。まずは毎日の習慣から変えていき、まずは50万を目標に少しずつ頑張ってみませんか。

では、どうやって貯蓄をしていけばいいのでしょうか。貯金が得意な人が行なっている貯蓄術を学んでおきましょう。

 貯金用の口座を用意する

せっかく貯めたお金をすぐに使ってしまわないよう、手をつけない貯金用の口座を作っておきましょう。自分にとって不便な銀行の口座を選んで、お金を引き出しにくくしておくのもポイントです。

 あえて現金派を貫く

最近では、アプリによるスマホ決済などを利用する人が増えてきました。決済がスムーズになるメリットがありますが、その一方で「お金を使った感覚が得られにくく、無駄遣いをしやすい」というデメリットも存在します。

そこで、あえて現金での買い物をして買いすぎを防いでおきましょう。実際に財布を開けて現金のやりとりをすることで、「やっぱり買うのをやめよう」「これ以上買うのは控えよう」と気が付くきっかけが生まれますよ。

1/2ページ

最終更新:6/13(木) 17:10
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事