ここから本文です

『ゴジラ』最新作ワールドプレミア開催 渡辺謙「自信を持ってお勧めしたい」

5/20(月) 17:30配信

クランクイン!

 5月31日に世界同時公開される『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のワールドプレミアが、ハリウッドのチャイニーズシアターにて現地時間18日に開催され、ゴジラをはじめとするモンスターたちの勇姿が世界に初めてお披露目された。

【写真】映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』ワールドプレミアの様子


 本作は、2014年に公開され全世界興収約530億円のヒットを記録したハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の5年後を舞台とした続編。復活した神話時代のモスラ、ラドン、キングギドラらのモンスターたちとゴジラの世界の覇権をかけた戦い、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようとする未確認生物特務機関・モナークの活躍を描く。映画『X‐MEN2』や『スーパーマン リターンズ』などの脚本で知られるマイケル・ドハティが監督を務める。

 ワールドプレミア当日、チャイニーズシアター前に敷かれたゴジラブラックカーペットには、渡辺謙、カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、チャン・ツィイーら豪華出演者が登場し、延べ3000人のファンたちからは大歓声が沸き起こった。

 カーペット上で75台のスチールカメラ、50台ものテレビカメラの取材を受けた渡辺は「1作目の大きな成功が、みんなの期待を高めていると思う。その期待に十分応えられるような作品になっていると思うので、それはここカーペット上にいても、とても心地がいいです!」とコメント。続けて「(ヒットの機運が)やっぱり来たなっていう感じはありますね。映画が良いときはこういうものですよ。絶対劇場で見たら、楽しい以外の何ものでもないと思うので、それは自信を持ってお勧めしたいと思います」とメッセージを寄せた。

 一方、初のプレミアに興奮気味の女優ミリー・ボビー・ブラウンは、共演の渡辺について「彼は本当に素晴らしい役者。スクリーン上での彼の演技、パフォーマンスは、間違いなく、私がこれまでに見た最高のものに入ると思う。彼の仲間になれてラッキーでとても光栄だったわ」と絶賛。ドハティ監督は「日本のファンの皆さん。ゴジラというキャラクターを作り出してくださって本当にありがとうございます。皆さんがゴジラを愛していらっしゃるのと同じくらい僕もゴジラを愛しています。皆さんが、僕が作ったものをとても誇りに思ってくださることを心から願っています」とゴジラ発祥の地である日本への想いを語った。

 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は5月31日より世界同時公開。

最終更新:5/20(月) 17:30
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事