ここから本文です

EW&Fのフィリップ・べイリー、C・コリア/グラスパー/カマシら参加のソロALを7/3にリリース

5/20(月) 9:50配信

Billboard Japan

 フィリップ・ベイリーにとって17年ぶりとなる最新ソロ・アルバム『ラヴ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ』が2019年7月3日にリリースされることが明らかになった。

 1971年にアース・ウィンド・アンド・ファイアーに加入したフィリップ・ベイリーは、1986年のソロ・アルバム『トライアンフ』で【グラミー賞】の<最優秀男性ゴスペル・パフォーマンス賞>を受賞するなど、計8度【グラミー賞】に輝いたソングライター、プロデューサーであり、アメリカのミュージック・レジェンドと呼べる存在だ。

 そんな彼にとって12枚目となるソロ・アルバム『ラヴ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ』には、ベーシストのクリスチャン・マクブライド、ジャズ・ピアニストのチック・コリア、伝説的ドラマーのステーヴ・ガッドなど、彼が信頼を置く友人達が参加している。

 さらには、キーボードのロバート・グラスパー、サックスのカマシ・ワシントン、ラッパー兼ミュージシャンでプロデュースも手掛けるウィル・アイ・アム、トランペットのクリスチャン・スコット・アトゥンデ・アジュアー、シンガーでサックスも演奏するケイシー・ベンジャミン、ギターのリオーネル・ルエケ、ドラムのケンドリック・スコット、ベースのデリック・ホッジなど、コンテンポラリー・ジャズ、R&B、ポップス界で活躍するアーティスト達も、名を連ねている。

 フィリップは今作に関して、「アース・ウィンド・アンド・ファイアーでレコーディングをしていた時を思い出すような流れが今回のプロジェクトにはあって、私がAチームだと思う最高のメンバーが揃ったんだ。このアルバムで、私が、これから進みたい道がハッキリと開けた気がするね。このヴィジョンを実現していくランウェイが見えているんだ」と熱く語っている。


◎参加アーティスト一覧
ロバート・グラスパー
カマシ・ワシントン
チック・コリア
クリスチャン・スコット
ビラル
クリスチャン・マクブライド
スティーヴ・ガッド
デリック・ホッジ
ケンドリック・スコット
リオーネル・ ルエケテディ・キャンベル
ケニー・バロン
ケイシー・べンジャミン
ウィル・アイ・アム

◎リリース情報
アルバム『ラヴ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ』
UCCV-1177 / 2,600円(plus tax)
<トラックリスト>
1. ビリー・ジャック feat. ロバート・グラスパー
2. ユーアー・エヴリシング feat. チック・コリア
3. ウィーアー・ア・ウィナー feat. ビラル
4. ステアウェー・トゥ・ザ・スターズ(星へのきざはし) feat. クリスチャン・スコット&クリスチャン・マクブライト
5. ブルックリン・ブルース
6. ワンス・イン・ア・ライフタイム
7. 別離のささやき
8. セイクリッド・サウンズ feat. カマシ・ワシントン&ロバート・グラスパー
9. ロング・アズ・ユーアー・リヴィング feat. クリスチャン・マクブライト
10. ラヴ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ feat. ケーシー・ベンジャミン

最終更新:5/20(月) 9:50
Billboard Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事