ここから本文です

キングギドラも!新作にも登場する「ゴジラ」シリーズの人気怪獣がフィギュアで集結

5/20(月) 19:00配信

Movie Walker

話題の映画や映像作品から、思わずほしくなるフィギュアをご紹介。今回は5月31日(金)公開の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のアイテムなど、バンダイスピリッツより発売されている『ゴジラ』シリーズの怪獣フィギュアをチェックしていきたい!

【写真を見る】『ゴジラ』シリーズの人気怪獣をフィギュアでチェック!(「S.H.MonsterArts ゴジラ(2019)」)

■ フィギュア界の巨匠たちによる最新映画モデルのゴジラ&キングギドラ

まずは『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』モデルのアイテムから。本作の主役を立体化した「S.H.MonsterArts ゴジラ(2019)」は、映画のデータ資料をもとに、国内屈指のゴジラ造形の第一人者である酒井ゆうじが造形・彩色を手掛けており、皮膚の質感や特徴的な背びれの細かやかなデザインまで、徹底的に再現したこだわりのアイテムだ。

これに加わるのが細川満彦が手掛けたモンスターのプロポーションを崩すことのない可動機構。差し替えの必要なく頭部を上に向けることが可能で、エフェクトパーツを使用すれば、予告編でも印象的だった、天を見上げて光線を放つシーンも再現することができる。

「S.H.MonsterArts キングギドラ(2019)」は、若狭新一が造形プロデュースをし、山田太一の手により立体化された逸品。ダイナミックな翼の表現や皮膚の細かな模様、イカつい顔の表情まで、キングギドラの迫力満点な魅力が詰まったかっこいい仕上がりに。

3つの首や尻尾は、緻密に考慮されたフレキシブルな可動の分割によって、互いを邪魔せずに、自由なポージングを決めることができる優れもの。それぞれの頭を違う方向に向かせたり、他の怪獣フィギュアに絡めたりと、遊びの幅が広がるアイテムとなっている。

■ ラドン、モスラ!人気怪獣のアイテムをチェック!

また『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』には、これら以外にも有名怪獣が登場する。ゴジラのライバル、ラドンは、新作仕様のアイテムは発売されていないが『ゴジラvsメカゴジラ』(93)モデルの「S.H.MonsterArts ファイヤーラドン」が、過去にリリース済み。こちらも若狭新一が、平成ラドン独特のプロポーションを再現したもので、直立ポーズから飛行ポーズまで可能なハイクオリティなアイテムだ。

同じく人気怪獣モスラも、過去に受注限定でアイテムが何度かリリースされており、『ゴジラ対モスラ』(92)バージョンをフィギュアにした「S.H.MonsterArts モスラ(成虫)」もその一つだ。インオパクト大な極彩色の羽に、キュートさすら覚えさせる丸みがかった顔と平成モスラの特徴がしっかりと反映されている。

ちなみに、ラドンとモスラの新作モデルの「S.H.MonsterArts」は、昨年の東京コミコンでお披露目されており、これらとはかなり異なった造形に。今後の発売はあるのか?楽しみに待っていてほしい!(Movie Walker・文/トライワークス)

最終更新:5/20(月) 19:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事