ここから本文です

【メトロノーム ライヴレポート】『メトロノーム ・ワンマンツアー2019 寂滅ヰラクyAtrA』2019年5月2日 at TSUTAYA O-EAST

5/20(月) 12:03配信

OKMusic

 シングル「Catch me if you can?」をリリースしたばかりのメトロノームが令和を迎えた翌日の5月2日に東京・TSUTAYA O-EAST でライヴを開催! 『メトロノーム ワンマンツアー2019 寂滅ヰラクyAtrA』の初日を新たな時代の幕開けとともにオーディエンスと楽しみ尽くした。昨年結成20周年のアニバーサリーイヤーを迎え、ひと区切りどころかバンドへの意欲は増す一方。これまでのテクノでサイバーなコスチュームを一新して和装に挑戦。今後のライヴも立て続けに告知されシャラク(VOICECODER)のパリピ宣言(?)も飛び出すなどサプライズ盛り沢山の一夜となった。

メトロノーム、TSUTAYA O-EAST公演のその他の写真

 客電が落ちると即、そこはメトロノームの世界。ステージに掛かった紗幕と左右のビジョンに幾何学のCGが映し出され、トランス感覚に陥る中、“コンニチワ、メトロノームデス”というロボットヴォイスが繰り返し流れる。武将風新衣装で登場かと期待が高まる中、ライヴは幕が掛かったまま、新曲「Catch me if you can?」でスタート。メンバーの姿は時おり透けて観えるもののMVのシーンが映し出されたりと映像と音とのコラボレーションで魅せる演出だ。やがて幕が落ち、MCをはさまずに新旧織り混ぜたナンバーが立て続けに投下されていく。

 また、アジアンテイストのシュールな映像とともに披露された曲など、フクスケ(TALBO-1)とリウ(TALBO-2)のテクニカルな楽器陣の絡みやシャラクの歌声の七変化も刺激的だ。MCではシャラクが令和に変わるタイミングでフクスケと渋谷で“令和風”の写真を撮ろうと思いきや、スクランブル交差点で“れ・い・わ”コールの渦の中、もみくちゃになり期せずしてパリピになってしまったという爆笑(苦笑?)エピソードも明かされた。

 そして、リウがキーボードとベースを鮮やかに操った新曲「さくらん」。令和カウントダウンを体験したフクスケ考案の“れ・い・わ”振り付けもレクチャーされ、「豆腐メンタル」は会場を巻き込む令和バージョンへとアップデート。後半に向かうにつれライヴは熱気を帯び、「孤独氏」「不安の殿堂」「絶望さん」の3連発でみんなネガティブを解放し、すっきりと笑顔に。フクスケがテルミンを操る新曲「楽観ばっか」も披露されたアンコールでは、シャラクが“じゃあ、ツアー行ってきます。もしくは一緒に来なさい”と挨拶。ダブルアンコールまで和装でやりきり、勢いを増すメトロノームの今を提示した。

撮影:Hidemi Otsuka/取材:山本弘子

セットリスト

1. Catch me if you can?
2. 解離性同一人物
3. セルフコントロール
4. プラネット
5. 妄想トリック
6. ぞんび君
7. answer
8. おやすみ世界
9. さくらん
10. 東京ロマンチカ
11. ボクになりたかった僕
12. 我が為に鳴くパンドラ
13. 致死量フリーク
14. 豆腐メンタル
15. 先生
16. 孤独氏
17. 不安の殿堂
18. 絶望さん
<ENCORE1>
1. 楽観ばっか
2. 強くてNEW GAME
3. ΦD-SANSKRIT
<ENCORE2>
血空

OKMusic編集部

最終更新:5/20(月) 12:03
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事