ここから本文です

【MLB】菊池雄星、6回3失点 勝ち投手の権利持って降板 本拠地初勝利なるか

5/20(月) 7:15配信

Full-Count

5回に逆転を許すも、その直後に味方が再逆転

■マリナーズ – ツインズ(日本時間20日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手が19日(日本時間20日)のツインズ戦に先発し、6回5安打3失点と好投し、自身3勝目、本拠地初勝利の権利を掴んだ。

【写真】菊池雄星が“美人妻”と一緒にアナハイム・ダックスのユニを着てNHLを観戦

 本拠地T-モバイルパークで5度目の先発マウンドに上がった菊池。初回いきなり先頭のポランコに安打を許したものの、続くスコープを併殺打に仕留め、無失点の立ち上がりを見せた。3回には2本の安打と死球で2死満塁のピンチを招いたが、CJ・クロンを空振り三振に仕留めて窮地を脱した。

 4回に1点のリードをもらった菊池だったが、5回に試合をひっくり返された。先頭のアラエス、続くバクストンに連続四球を与えると、ポランコの内野安打に菊池の悪送球も絡んだ。1点を失い、さらに無死二、三塁となると、投ゴロの間に2点目を失った。さらに、2死から4番ロサリオの打球を遊撃のクロフォードがエラー。この回3点を失い、リードを許した。

  だが、マリナーズはその裏に再び試合をひっくり返す。6回2死二塁でハニガーが12号2ランを放って追いつくと、つづくボーゲルバックが2者連発となる13号ソロで勝ち越した。菊池は6回もマウンドに上がり、この回を3者凡退に仕留めた。

 6回を投げて93球、5安打3失点(自責は1)、6個の三振を奪う粘りの投球を見せて降板。本拠地初勝利の権利を持って、リリーフ陣に後を託した。

Full-Count編集部

最終更新:5/20(月) 7:59
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事