ここから本文です

【MLB】菊池雄星「メジャーで生き残るために大事な日」強打のツインズ封じ、本拠地初勝利

5/20(月) 11:41配信

Full-Count

「ストレートが強い相手にどこまで僕のストレートが通用するのかというのも含めて楽しみにしていた」

■マリナーズ 7-4 ツインズ(日本時間20日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手が19日(日本時間20日)のツインズ戦に先発し今季3勝目、本拠地初勝利をマークした。チーム得点数メジャートップだったツインズ打線を相手に6回5安打3失点と好投。本拠地T-モバイルパークでの5度目の先発マウンドで初勝利を掴み、試合後は「嬉しいものですね。日曜のお客さんがたくさんいる中で首位のチームを相手にというところで嬉しいです」と振り返った。

【写真】菊池雄星が“美人妻”と一緒にアナハイム・ダックスのユニを着てNHLを観戦

 試合後の菊池の一問一答は以下の通り。

――本拠地初勝利。
「嬉しいものですね。日曜のお客さんがたくさんいる中で首位のチームを相手にというところで嬉しいです」

――格別ですか?
「こっちにきて勝ち星はあくまで、大事なことですけど、自分の仕事をやるということに徹して今までやってきましたけど、勝ち星がつくに越したことはないので、凄く嬉しいです」

――3日間で45安打を打った強打のツインズ打線を抑えた。
「この3試合見てましたけど、本当に調子が良くて簡単にはいかないだろうなと思っていました。その中で我慢比べに負けないようにという思いでマウンドに上がりました」

――5回の連続四球のところだけ。
「あそこは気持ちの部分での揺らぎを見せてしまった。6回逆転してもらったあとは、必ずもう1回抑えるんだという思いで投げましたね」

――登板間で話していたストレート、足元へのスライダーができていた。
「今日は本当にチームの流れも良くなかったですし、連敗もしてましたし、そこを止めるんだという気持ちも強かった。ツインズ相手にストレートが強い相手にどこまで僕のストレートが通用するのかというのも含めて楽しみにしていたゲームだった。三振はスライダーで取りましたけど、ストレートも差し込めている球も多かったので、改めて自信を深めるそういう試合になったと思います」

――それもメジャーの醍醐味。
「こうやって強い相手、勢いのあるチームで連敗を止められた、ストレートで押せたというのは、これから僕がメジャーリーグで生き残るために大事な日だったので、今後にも生きると思います」

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 12:41
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事