ここから本文です

グリーズマンの移籍金はいくらに? アトレティコの高額売却選手たちを振り返る

5/20(月) 18:10配信

SOCCER KING

11位 ジミー・フロイト・ハッセルバインク

移籍金:2250万ユーロ(約28億円)
移籍先:チェルシー(イングランド)
移籍時期:2000年7月

1999年にリーズからアトレティコ・マドリードに加入すると、リーグ2位タイとなる24得点をマーク。“助っ人”としての役割を果たしたが、チームの2部降格が決まったため、わずか1年での退団が決まった。

10位 ダビド・デ・ヘア

移籍金:2500万ユーロ(約31億円)
移籍先:マンチェスター・U(イングランド)
移籍時期:2011年7月

18歳でアトレティコ・マドリードのトップチームデビューを果たすと、まもなく守護神の座を獲得。2010年にはヨーロッパリーグ優勝を経験したが、その翌年に2500万ユーロ(約31億円)でマンチェスター・U入りが決まった。

9位 テオ・エルナンデス

移籍金:2800万ユーロ(約34億円)
移籍先:レアル・マドリード(スペイン)
移籍時期:2017年7月

アトレティコ・マドリードの下部組織出身ながら、レンタル先のアラベスで見せたパフォーマンスが評価され、2017年夏に宿敵レアル・マドリードへの移籍が決まった。

8位 クリスティアン・ヴィエリ

移籍金:2841万ユーロ(約35億円)
移籍先:ラツィオ(イタリア)
移籍時期:1998年8月

アトレティコ・マドリードに在籍したのは1997-98シーズンの1年間だけ。しかし、24試合24得点という素晴らしい記録を残して、リーガ・エスパニョーラの得点王を獲得した。その後は母国に戻って、ラツィオとインテルなどで活躍した。

6位 フェルナンド・トーレス

移籍金:3800万ユーロ(約47億円)
移籍先:リヴァプール(イングランド)
移籍時期:2007年7月

16歳でアトレティコ・マドリードのトップチームデビューを果たすと、19歳のときにはキャプテンに就任。クラブのアイドルとしてチームをけん引した。しかし、自らの存在がクラブの中で大きくなりすぎたとして2007年夏にリヴァプールへ移籍した。

6位 ジエゴ・コスタ

移籍金:3800万ユーロ(約47億円)
移籍先:チェルシー(イングランド)
移籍時期:2014年7月

2013-14シーズンのリーガ・エスパニョーラ優勝を最後に、フィリペ・ルイスと共にチェルシーへ移籍。プレミアリーグでも優勝を経験したが、昨年1月に移籍金6600万ユーロ(約81億円)でのアトレティコ復帰が決まった。

3/4ページ

最終更新:5/20(月) 18:10
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事