ここから本文です

高橋彩華がボーダー突破 藤田さいき、山内日菜子は安全圏に浮上【女子リランキング】

5/21(火) 7:11配信

ゴルフ情報ALBA.Net

シーズン途中にシード選手以外のTP登録者を賞金ランキング上位順に並び替え、リランキング順位に基づき出場資格を付与するリランキング制度。昨年からスタートしたこの制度も2年目を迎えた。3日間大会としてはツアー屈指の賞金額を誇る「ほけんの窓口レディース」を終えた段階での、暫定リランキングリストが発表された。

美人すぎるハウスキャディ・今橋璃香さんと金澤志奈【写真】

リランキング勢でトップ10に入ったのは、今季の「アクサレディス」で初優勝を挙げた河本結、すでにフルシーズンを出場できる賞金を稼ぎ出しているS.ランクン(タイ)と、後半戦の出場圏内に入っている金澤志奈の3人。それ以外は賞金シード選手たちだった。

そんな中、高橋彩華は25位タイに入り108万円を獲得。賞金額は第1回のボーダーとなる320万円を突破した(リランキングも25位)。また藤田さいき、山内日菜子の2人がともに30位タイに入り、90万円を加算して、それぞれ山内が約395万、藤田が約370万円とこちらはボーダーライン上から安全圏内へと入った。

なお、昨年の第1回リランキングのボーダーが約320万円と記したが、同額だった場合の優先順位は、(1)2018年度賞金シード次点5名(賞金ランキング51~55位)の者(2)2018年度ステップ・アップ・ツアー賞金ランキング1位の者(3)QTランキングリスト上位順(4)生涯獲得賞金ランキング上位-となっている。

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:5/21(火) 7:11
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事