ここから本文です

仲間由紀恵、不倫するキャリアウーマンに 「偽装不倫」で約6年ぶり日テレドラマ出演

5/21(火) 4:00配信

シネマトゥデイ

 女優の仲間由紀恵が、東村アキコの同名漫画に基づく7月スタートの日本テレビ系水曜ドラマ「偽装不倫」に出演することが明らかになった。本作で仲間が演じるのは、主人公の姉で、“独身”と偽りながら年下男と不倫するキャリアウーマンの葉子。日本テレビのドラマには、2013年9月放送のスペシャルドラマ「人生がときめく片づけの魔法」以来、約6年ぶりの出演となる。

【画像】杏演じる主人公・鐘子

 本作は、32歳で独身の主人公・鐘子(杏)が、一人旅に出かけて機内で出会った年下カメラマン(宮沢氷魚)に“既婚者”と嘘をついたことで始まる期間限定の恋を描くラブストーリー。仲間がふんする葉子は、鐘子の姉で、イケメン商社マンを夫に持つコンサルティング会社勤務のキャリアウーマン。既婚者と偽る鐘子とは真逆で、“独身”と偽り年下の男と不倫関係にある。

 出演が決まり、原作漫画を読んだという仲間は、「『偽装不倫』というドキッとするタイトルですし、私が演じる葉子は、既婚者なのに年下男子と付き合っているという役柄。でも先生のお話は、決してドロドロしておらず、自分の幸せって何だろう? と一生懸命探している、思わずクスっと笑ってしまうような登場人物たちの姿が明るく描かれています」と作品の魅力を語る。自身が演じる葉子というキャラクターについては、「葉子が最終的に、どんな幸せを見つけていくのか、私自身もとても楽しみに思っています」とコメント。

 劇中で姉妹関係にある杏とは、本作で初共演。「とても楽しく姉妹役をやらせていただいています」と話す仲間は、「杏さんの方が年下なのですが、しっかりしているので、頼りがいのある妹です」と彼女を称賛。

 脚本を務めるのは、「のだめカンタービレ」「サバイバル・ウェディング」といったドラマで知られる衛藤凛。演出を、「今日から俺は!!」などの鈴木勇馬と「東京タラレバ娘」などの南雲聖一が担当。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」などの菅野祐悟が音楽を手掛ける。(編集部・倉本拓弥)

最終更新:5/21(火) 4:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事