ここから本文です

「できる人はインプットがすごい」 何でもできる社長を見ていて気づいたことを描いた漫画が参考になる

5/21(火) 7:30配信

ねとらぼ

 なんでもできる社長の仕事法を見て「できる人はインプットがすごい」ことに気づいた経験を描いた漫画が、仕事や家庭、人生にも役立ちそうです。作者はデザイナー、イラストレーターのすぴかあやか/角田綾佳さんです。

【画像】漫画を全部読む(全3ページ)

 すぴかあやかさんの職場の社長はなんでもできる人。一緒に仕事をする前はずっとコードを書き続けているイメージがあったそうですが、実際にはずっと何かを調べたり考えたりしている時間が長いのです。

 そんな姿を見てすぴかあやかさんが思ったのは、「今できること」だけで仕事をしようとすると、作業スピードは速くなっても「できること」には限界があるということ。でも仕事にかける時間の半分を、もっといい方法を探し、新しいことを取り入れるのに費やせば、「できること」が増えるということ。

 「できる人はインプットがすごい。アウトプットは楽しいけれど新しいことを意識的に取り入れなければと思った」と結んでいます。

 長年のやり方を変えるというのはなかなか難しいことかもしれませんし、つい「手元の作業をこなす」ことに気を取られてしまいがちにもなります。でも、新しいことをインプットすれば、できることが増え、新たなやり方や解決法、アイデアにつながります。仕事でも家庭でも人生でも使えそうな考え方。学ぶ姿勢はいつも持っていたい!

 漫画を読んだ読者からは「すごくわかる!」「新しい変化や学習コストに常に耐えられる習慣がすごい」「使う道具や手法が古くないか確認しながら行動するとは……尊敬」など共感を得ています。

画像提供:すぴかあやか/角田綾佳さん

ねとらぼ

最終更新:5/21(火) 7:30
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事