ここから本文です

火鍋味の激辛歯磨き粉、中国SNSで話題 MAXの“変態辛”は「表現できない辛さ」 ネットで即完売

5/22(水) 7:00配信

withnews

 火鍋味の歯磨き粉!? そんな冗談のような商品を中国の老舗メーカーが発売し、中国版ツイッターの微博(weibo)で話題です。オンライン限定で4千セットを売り出したところ、その日のうちに完売。高値での転売も始まっています。人気店とコラボし、「中辛」から「変態辛」まで3段階の辛さのラインナップ。中国中央テレビ局(CCTV)も紹介する人気ぶりです。発売の背景をメーカーに聞きました。

【画像】中国SNSで話題、火鍋味の歯磨き粉 気になる中身は……激辛の秘密はペーストの赤い粒に

火鍋ブランドとのコラボ

 話題の歯磨き粉を販売したのは、重慶市に本社がある「登康口腔護理用品有限公司(登康)」です。国有企業で、「冷酸霊(レン・スワン・リン)」という中国では定番の歯磨き粉ブランドを展開しています。

 中国の歯磨き粉市場は近年、「高露潔」(コルゲート=Colgate)や「佳潔士」(クレスト=Crest)など海外のブランドがシェアの上位を占め、冷酸霊は全体の1割弱です。一方、「冷」や「酸」が使われている商品名からも分かる通り、知覚過敏対策の歯磨き粉としては評価が高く、この分野で比較すると中国国内市場の6割以上を占めています。

 「今年は会社設立80周年であるため、記念イベントの一環として、話題になる仕掛けがしたかった」とマーケティング部の陳華(チェン・ホワ=37歳)部長。冷酸霊の機能性をアピールするため、味覚の刺激になる「冷熱酸甜」と掛け合わせた商品の企画を思い着いたそうです。

 その第一弾が「熱」、つまりhot=辛さで、「激辛なら火鍋だ」と四川省成都発の有名店「小龍坎」とのコラボが実現し、火鍋味の歯磨き粉が開発されました。

「変態辛」は表現できない辛さ

 辛さを出したり、知覚過敏を防いだりする技術は、これまでのノウハウを持つ登康が開発。コラボした小龍坎は、味の監修をしました。より火鍋に近づけるため、山椒のしびれる感覚まで再現させたそうです。

 辛さの種類は三つです。まずは、一般の人が受け入れられる「中辛」で、パッケージには唐辛子マークが二つ。次が辛い料理が好きな人が多い、四川省出身者を意識した「四川風微々辛」で、唐辛子マークは四つ。唐辛子マーク六つの三つ目は、中国でも最上級の辛さを示す「変態辛」となっています。

 「変態辛」は一体、どれほどの辛さでしょうか。歯磨き粉のチューブを押すと、ゼリー状のペーストの中に赤い粒がいっぱい。この赤い粒が辛さの元だそうです。陳部長に聞くと、「言葉で表現できない辛さですね。四川出身の人は、本当に辛さに強いですから」。ただ、オンラインでは様々な人が買うことを考えて、辛さを少し控えめにしたそうです。

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事