ここから本文です

【ホンダF1】田辺豊治「モナコではPUのドライバビリティーがラップタイムに大きく影響」

5/21(火) 20:57配信

TopNews

今週末はモンテカルロ市街地サーキットにおいてF1伝統の1戦であるモナコGP(26日決勝)が開催される。このコースを走りきるにはミリ単位の精度が必要で、バリアに軽く触れてしまうだけでもリスクが生じる。きつく、曲がりくねったストリートコースはごくわずかなミスでもクラッシュにつながるため、週末を通じて完ぺきな集中力を必要だ。

昨年はホンダPU(パワーユニット)を搭載するトロロッソのピエール・ガスリーが予選10番手からスタートして7位に入賞し、6ポイントを獲得。オーバーテイクが難しいこのコースですばらしい結果を残している。

ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治が、そのモナコGPに向けての抱負を語った。

■田辺豊治

「開幕から続いたフライアウェイレースからヨーロッパに戻り、初戦のスペインGPでは表彰台を獲得しました。次はいよいよ伝統のモナコGPに挑みます。モンテカルロ・サーキットは、モナコの街中を駆け抜ける、言わずと知れたストリートサーキットです。F1カレンダー中では最も1周が短く、平均スピードが低いトラックになります」

「公道のため路面は滑りやすく、狭いコースの両側にはバリアが迫ることもあり、ドライバーの腕が最も試されるグランプリと言えます。低速コーナーが多く、シャシーの性能が求められるコースと言われますが、PUとしては、パワー寄与度は低いもののコーナー進入時の減速や低速コーナーからの立ち上がり部分でのドライバビリティーがラップタイムに大きく影響します」

「そのコース特性ゆえにオーバーテイクが非常に困難ですので、まずはいいスタートポジションを獲得し、レースに臨みたいと考えています。スペインで得た勢いを維持しながら、今回もいい結果を得られればと思っています」

最終更新:5/21(火) 20:57
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事