ここから本文です

<今田美桜>「MIB」最新作で初吹き替え声優 公開アフレコに「緊張しました」

5/21(火) 13:50配信

まんたんウェブ

 人気映画「メン・イン・ブラック(MIB)」シリーズの最新作「メン・イン・ブラック:インターナショナル」(F・ゲイリー・グレイ監督、6月14日公開)の日本語吹き替え版声優を務める女優の今田美桜さんが21日、東京都内で開催された同映画のアフレコイベントに出席。同作で吹き替え声優に初挑戦した今田さんは、この日の公開アフレコについて「普段は一人で録(と)っているので、こんなに人がいて緊張しました」とはにかんだ表情で語っていた。

【写真特集】今田美桜がエージェントMになりきり スタイリッシュなスーツがかっこいい! サングラス姿も

 エージェントMの声を担当した今田さんは、「こんなに大役をもらえると思っていなくて、初日は頭が真っ白になるぐらい緊張しました」と振り返り、「普段は相手の方が前にいてお芝居しているんですが、今回は相手の方がいないので、距離感や声の乗せ方が難しくて……。勉強中です」と語っていた。

 また小さいころから同シリーズを見ていたという今田さんは、最新作について「(MIBの一員に)かっこいいスタイリッシュな女性が入っていて、女性が見てもかっこいいと思える作品です」とアピールしていた。

 「メン・イン・ブラック」は、宇宙の秩序と平和を守るため、人類にまぎれて地球に生息するエイリアンの行動を監視する極秘組織「メン・イン・ブラック」の活躍をコミカルに描いたSF作品。米俳優のトミー・リー・ジョーンズさんがMIBの敏腕エージェント・“K”、ウィル・スミスさんが“K”にスカウトされてMIBの一員となる“J”を演じた。第1作が1997年、第2作が2002年、第3作が12年に公開され、2人の凸凹コンビが人気を集めた。

 最新作では、舞台がこれまでの米ニューヨークから世界各地へ広がり、地球規模で任務を展開。地球上に暮らすエイリアンが増殖し、種類も増えたことから、エージェントには過酷なミッションが課せられる。これまではジョーンズさんとスミスさんのチームによる活躍が描かれたが、最新作では映画「マイティ・ソー」シリーズで知られるクリス・ヘムズワースさんと、テッサ・トンプソンさんがエージェント役でチームを組む。ヘムズワースさんが敏腕でイケメンだけど、どう見てもちゃらんぽらんな先輩エージェントH、トンプソンさんが優等生で真面目な新人エージェントMを演じる。

最終更新:5/21(火) 13:50
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事