ここから本文です

夏の味、一足先に 梁川でハウス栽培のモモ収穫開始

5/21(火) 10:02配信

福島民報

 二十一日は二十四節気の一つ「小満」。草木が茂り、天地に満ち始める頃とされる。伊達市梁川町粟野の果樹農家加藤和雄さん(70)方では二十日、ハウス栽培のモモの収穫が始まった。

 早朝から加藤さんと妻みつ子さん(69)が赤く色づいた「はつひめ」の実を一つ一つ丁寧にもぎ取っていた。今年は天候に恵まれ上々の出来という。生育面で効果がある二酸化炭素の発生装置を本格的に導入し、一層の品質向上に努めている。

 加藤さんは「多くの人に味わってもらいたい」と話し、作業に励んでいた。

 「日川白鳳」や「あかつき」「黄金桃」と収穫が続き、作業は六月末まで続く。JAふくしま未来を通じて県内外に出荷される。

最終更新:5/21(火) 10:02
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事