ここから本文です

<第73回トニー賞>宮本亜門「ハデスタウン」に「興奮」 授賞式の見どころ語る

5/22(水) 10:00配信

まんたんウェブ

 6月10日に授賞式が行われる米国演劇界の祭典「第73回トニー賞」。WOWOWでは同日、授賞式の模様を生中継する。また、5月22日には、WOWOWのトニー賞アンバサダーを務める演出家の宮本亜門さんがトニー賞の魅力を語る事前番組「トニー賞直前!ノミネーション徹底解剖」が放送される。2005年に自身が演出を手がけた「太平洋序曲」が米ニューヨークのブロードウェーで上演され、トニー賞4部門にノミネートされるなど高い評価を受けた宮本さんに、トニー賞の魅力や今回の見どころを聞いた。

【写真特集】宮本亜門も注目のミュージカル「ハデスタウン」の場面カット

 ――今年も、間もなくトニー賞授賞式が近づいていますね。

 そうですね。21歳の時から、テレビ放送や、授賞式会場で、トニー賞は必ず見てきたし、ノミネートされた作品はブロードウェーでほとんど見ているので、この時期になるとソワソワしてきて、とても気になります。それにトニー賞は演劇人、舞台人だけでなく、今のショービジネス、世界のショービジネスにおいても、最も大切な授賞式だと思います。

 もちろんショービジネスの最高峰として、ブロードウェーから始まった演劇が世界中で上演される、ビジネスとしての魅力もありますが、僕はそれ以上にクリエーションの面で注目しています。今の時代に、何がはやっているのか、次はどんな時代になるのかということも予感させてくれる。世界中の名優たちが国を超えて集まり舞台に立っているんですよ。その実力で、本気で観客の心を動かす、真のアーティストたちの姿は、最高に魅力的で、見応え十分です。

 ――宮本さんは2005年に「太平洋序曲」が第59回トニー賞4部門にノミネートされました。その時はどのような気持ちでしたか。

 実はトニー賞をそこまで意識していたわけではありませんでした。正直、ノミネートされた時も「えっ!? ノミネートされたの?」という驚きでした。結局、受賞は逃したものの、その時にブロードウェーにはノミネートされている人だらけだということが分かったんです。名作を飛ばしていたり、著名だったりする人も受賞は難しい。5回、6回ノミネートと多くの経験を積んでいて、やっと受賞した人も少なくない。それだけ、しのぎを削っているというすごみがあるんです。

1/3ページ

最終更新:5/22(水) 10:00
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事