ここから本文です

今年の韓国経済成長率2.4% OECDが下方修正

5/21(火) 19:28配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】経済協力開発機構(OECD)は21日に発表した経済見通しで、韓国の今年の経済成長率を前回の3月時点で示した2.6%から2.4%に下方修正した。来年の成長率は前回予測を0.1ポイント下回る2.5%と見込んだ。

 OECDは、世界貿易の鈍化などによる輸出減少、製造業の構造調整などに伴う投資と雇用の萎縮により韓国の経済成長の勢いが鈍化しているとの見方を示した。

 また、金融政策緩和を伴う拡張的財政政策を持続させ、最低賃金の引き上げ幅を緩和すべきだと勧告した。

 2020年からは拡張的財政政策の効果や投資回復に後押しされ、成長の勢いが潜在成長率の水準に回復するとの見通しを示した。

 一方、世界経済については、今年の成長率を3.2%とし、前回予測から0.1ポイント引き下げた。来年は3.4%と前回見通しを維持した。

最終更新:5/21(火) 19:28
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事