ここから本文です

トリプルカメラ搭載のSIMフリー「HUAWEI P30」が5月24日発売 7万円台後半【写真追加】

5/21(火) 14:09配信

ITmedia Mobile

 ファーウェイ・ジャパンが5月21日、最新のSIMロックフリースマートフォン「HUAWEI P30」を発表。5月24日からMVNO各社、家電量販店、ECサイトで販売する。市場想定価格は7万7880円(税別)。カラーバリエーションはブリージングクリスタル、オーロラの2色。

P30の主なスペック

 MVNOはIIJmio、イオンモバイル、エキサイトモバイル、goo Simseller、DMM mobile、NifMo、mineo、LINEモバイルなどが取り扱う。家電量販店はエディオン(Webのみ)、上新電機、ノジマ(Webのみ)、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ケーズデンキなどが取り扱う。ECサイトはAmazon.co.jp、NTT-X Store、Caravan Yu、e-TREND、ムラウチドットコム、楽天ブックス、マイナビストアなどで取り扱う。

【訂正:2019年5月21日19時32分 HUAWEI P30の販路(MVNO)に誤りがあったため、訂正致しました】

 P30は、Leica(ライカ)と共同開発したカメラを搭載した、Huaweiのフラグシップモデル。海外では2019年3月にフランスのパリで発表しており、日本導入が決定した形。なお上位モデルの「HUAWEI P30 Pro」は、NTTドコモが2019年夏に発売することが決定している。

 背面に4000万画素の広角レンズ(27mm、F1.8)、1600万画素の超広角レンズ(17mm、F2.2)、800万画素の望遠レンズ(80mm、F2.4)から構成される3つのカメラを搭載。望遠レンズは3倍の光学ズームに対応しており、3つのレンズを組み合わせることで、画質劣化を抑えた5倍までのハイブリッドズームに対応。デジタルズームは30倍まで可能。

 赤、黄色×2、青で構成されるRYYBセンサーを採用したことで、従来のRGGBセンサーよりも40%多くの光を取り込め、1/1.7型という大きなセンサーとも相まって、暗所での画質がさらに向上したという。広角レンズと望遠レンズはどちらも光学式手ブレ補正に対応している。インカメラは3200万画素。

 アウトカメラの動画撮影も広角+望遠レンズのデュアル手ブレ補正に対応する他、広角レンズと望遠レンズの映像を1画面に分割して記録するデュアルビュービデオ撮影も可能。

 ディスプレイは6.1型フルHD+(1080×2340ピクセル)の有機ELを搭載しており、インカメラの回りに滴型のノッチを設けている。アスペクト比を19.5:9の縦長に、ベゼルを最小限にしたことで、幅は71.4mmに抑えた。指紋センサーはディスプレイに内蔵しており、「HUAWEI Mate 20 Pro」よりも認証速度が30%向上した。

 バッテリー容量は3650mAh。防水性能はIP53(防雨)をサポートする。おサイフケータイには対応しない。SIMはデュアルSIM、デュアルVoLTE(DSDV)に対応しているが、片方のSIMトレイは外部メモリ(NMカード)との排他利用となる(どちらか一方しか使えない)。国内ではドコモ、au、ソフトバンクのネットワークが利用でき、au VoLTEにも対応している。

ITmedia Mobile

最終更新:5/21(火) 19:34
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事