ここから本文です

ミッドレンジのSIMフリー「HUAWEI P30 lite」、5月24日発売 3万円台前半

5/21(火) 20:01配信

ITmedia Mobile

 ファーウェイ・ジャパンが、SIMロックフリーの最新スマートフォン「HUAWEI P30 lite」を5月24日に発売する。市場想定価格は3万2880円(税別)。カラーはピーコックブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラックの3色。

3色の背面写真

 P30 liteは、コストパフォーマンスを重視したミッドレンジスマホ「P lite」シリーズの最新モデル。2018年に発売した「HUAWEI P20 lite」は、BCNランキングで2018年10月から2019年3月まで、SIMフリー市場で販売台数1位を記録するなど、人気のシリーズとなっている。

 国内では既にKDDIがストレージを128GBに倍増させた「HUAWEI P30 lite Premium」を、Y!mobileとUQ mobileがP30 liteを取り扱うことを発表していたが、SIMロックフリー版の発売も決定。MVNO、家電量販店、ECサイトで取り扱う。

 MVNOはIIJmio、イオンモバイル、エキサイトモバイル、QTmobile、goo Simseller、DMM mobile、NifMo、Fiimo、mineo、LINEモバイル、楽天モバイル、LinksMateなどが取り扱う。家電量販店はエディオン、ケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなどが取り扱う。ECサイトはAmazon.co.jp、ひかりTVショッピング、NTT-X Store、Caravan Yu、e-TREND、ムラウチドットコム、楽天ブックス、マイナビストアなどが取り扱う。

 ディスプレイは約6.15型のフルHD+(1080×2312ピクセル)液晶を搭載。インカメラの回りに滴型のノッチを配したことでベゼルをさらに狭めている。指紋センサーは背面に装備。背面の端を湾曲させることで、持ちやすさにもこだわった。

 背面には約2400万画素の広角レンズ、約800万画素の超広角レンズ、約200万画素の被写界深度レンズで構成される3眼カメラを搭載。超広角レンズでは120度の画角で撮影できる。被写界深度レンズは、被写体の周囲に自然なボケ効果を与えるためのもの。AIが22種類の被写体に応じて最適な画質に調整する機能も用意した。約2400万画素のインカメラはビューティー補正機能や8種類のシーン認識に対応する。

 プロセッサはKirin 710、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB。最大512GBのmicroSDを利用できるスロットも搭載。バッテリー容量は3340mAhで、Huawei独自の急速充電もサポートする。ネットワークはドコモとソフトバンクに加え、au VoLTEもサポートしている。

ITmedia Mobile

最終更新:5/21(火) 20:01
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事