ここから本文です

阪神・福留が先制打 初回2死走者なしからベテランにつなげる

5/21(火) 18:29配信

デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(21日、甲子園球場)

 阪神は福留孝介外野手(42)の適時打で先制点を奪った。

【写真】福留の先制打を別アングルから

 初回2死走者なしから、糸井が四球を選んで出塁し、大山は左前打。一、三塁の好機で福留に打席をつないだ。カウント3-1からの5球目、原が投じた125キロ外角寄りのスライダーに反応。捉えられた打球は右前へ。その間に三走・糸井が生還。ベテランが目の前のチャンスをひと振りでものにし、先制した。

最終更新:5/21(火) 20:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ