ここから本文です

阪神・梅野 三塁ベースに当たるラッキー二塁打などで勝ち越し

5/21(火) 19:33配信

デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(21日、甲子園球場)

 阪神は四回、梅野隆太郎捕手の適時二塁打で勝ち越しに成功した。

【写真】全力疾走する梅ちゃん

 1-1の四回、1死二塁のチャンスで打席を迎えた梅野。相手先発の原が投じたカウント2-2からの6球目、内角寄り143キロシュートを上からたたいた。打球は三塁ベースを直撃し、大きくはねて左翼前へ。その間に二走・福留が一気に生還し勝ち越した。

 選手会長の一打に打線が奮起。続くマルテが死球で1死一、二塁とするとドラフト3位・木浪(ホンダ)が、初球を捉えて右前適時打で応戦した。

最終更新:5/22(水) 10:45
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事