ここから本文です

ロッテ 代打・角中が決勝打 今季初スタメン落ちも勝負どころで本領「体が反応」

5/21(火) 22:51配信

デイリースポーツ

 「オリックス4-8ロッテ」(21日、京セラドーム大阪)

 勝ち越し打を放ったのは“代打”の角中だった。

【写真】右中間に3ランを放った清田

 同点の九回。先頭・岡の二塁打から藤岡が送って一死三塁。この試合まで打率・213。今季初めてスタメンを外れた角中が代打で登場。ファウル、ボール、ファウルの1-2から増井の真っすぐを捉えた。打球は一塁を強襲する適時内野安打となった。

 角中は一塁上で思わず右拳を突き出した。「フォークをすくおうという意識だったが、体が反応した感じだった」と振り返った。

 井口監督からは試合前に「いいところでいくぞ」と声を掛けられていたという。その井口監督は「打席に立った姿からどんどん振っていく強い姿勢が見えた」と評した。

 スタメン落ちには「悔しさはない」と話し、こう続けた。「自分が監督だったらもっと早く外している」と笑った。角中らしいコメントだった。

最終更新:5/21(火) 23:25
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事