ここから本文です

【日本ダービー】戸崎騎手、ダノンキングリーと逆襲だ!皐月賞3着にも「そんなに差はないと思っている」

5/22(水) 7:03配信

スポーツ報知

◆第86回日本ダービー・G1(5月26日・芝2400メートル、東京競馬場)

 第86回日本ダービー・G1(26日、東京)に、2頭出しで臨むダノン勢。皐月賞3着のダノンキングリーは、戸崎圭太騎手(38)=美浦・田島厩舎=が昨年2着(エポカドーロ)の雪辱を期している。

【写真】菜七子が黒髪と肩出し真っ赤なドレスで魅了

 ダービージョッキーの称号を得るため、戸崎は高まる闘志を内に秘めて臨む。デビューから4戦連続で手綱を執るダノンキングリーと挑む自身7度目の祭典。「距離は前走の皐月賞(3着)より延びるけど、能力でカバーしてもらいたい。皐月賞は負けはしたけど、そんなに差はないと思っている。立ち回りひとつ」と声に力を込める。

 昨年は皐月賞を制したエポカドーロで挑み、ワグネリアンに半馬身差及ばなかった。「去年2着を取ったことで、今までにない景色を感じました。より勝ちたいと思うようになりましたね」。意識はさらに高まった。

 今年は関東リーディングトップの46勝(全国4位)。積み重ねてきた努力が確かに実りつつある。「他に2頭、強いのがいるけど、キングリーは東京で勝っている。まだ成長しそうなところがあるし、一戦一戦成長をしている。距離が延びてカバーができるかがポイント。チャンスはあると思う。能力的に高いし、改めて」と、戸崎は力強く言い切った。(松浦 拓馬)

最終更新:5/22(水) 10:26
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事