ここから本文です

栗田貫一、11年ぶりVに「幸せ」…叙々苑カップ 芸能人ゴルフチャンピオン決定戦

5/22(水) 9:38配信

スポーツ報知

 「第20回 叙々苑カップ 芸能人ゴルフチャンピオン決定戦」(協力 報知新聞社)が21日、神奈川・大磯町のレイクウッドGCで行われた。午前中の大雨のためハーフで競われ、ものまねタレント・栗田貫一(61)がグロス37(ネット35)で11年ぶり2度目の優勝を飾り、芸能人ゴルファー56人の頂点に立った。

【写真】水着になったアン・シネ

 2000年の大会開催以来、皆勤賞の栗田はベスグロ賞も獲得。叙々苑・新井昌平代表取締役社長から優勝トロフィーと100万円の目録を贈られると「2度と勝てないと思っていたけれど、ベスグロ優勝ができて本当に幸せ」と満面の笑み。「事務所に『スケジュールがどんなに忙しくても、叙々苑カップだけは出させてね』とずっと頼んでいました。最近では“別にどうぞ”っていわれるくらいスケジュールが空いてます」と自虐ネタで会場を笑いに包んだ。

 同じく“皆勤賞”のものまねタレント・岩本恭生(67)は、歌手の和田アキ子のふん装で登場。「47歳で始めて67歳になってもこれだよ!」と和田のヒット曲「笑って許して」を熱唱した。

 なお、出場予定だったタレントのビートたけし(72)は欠場。堺正章(72)は「大物はこないね。この天気だし、久しぶりにお会いしたかった」。お笑いコンビTIMのゴルゴ松本(52)が「大先輩が選択したこと。正しいと思います」と“大人の発言”をしていた。

最終更新:5/22(水) 10:06
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事