ここから本文です

静岡県内で激しい雨 土砂災害や河川の氾濫に警戒

5/21(火) 13:36配信

静岡朝日テレビ

県内は未明から激しい雨が降り続きました。交通機関に影響が出ている他、今後も、土砂災害や河川の氾濫に警戒が必要です。

県内は活発な雨雲の影響で、未明から激しい雨が降り続き、県内全域に大雨警報広い範囲に洪水警報が出ています。

午前11時までの24時間で観測した雨量は、藤枝市高根山で256mm、静岡市葵区鍵穴で235mmなど、5月の統計史上最多になりました。 

浜松市北区の三ヶ日地区では避難勧告が出ていましたが、午前10時半に解除されました。

富士宮市の内房地区などでは、536世帯・1327人に避難勧告が出ていましたが、午後1時40分に解除されました。

交通機関への影響も出ています。JR身延線は、運転を再開しました。

伊豆急行では、(午後1時現在)伊東・伊豆稲取間で運転を見合わせています。

新東名高速道路は(午後1時現在)、新城インターから浜松浜北インターと、浜松いなさジャンクションから三ヶ日ジャンクションの間で通行止めとなっています。

天気はこの後回復する見込みですが土砂災害や河川の氾濫に警戒が必要です。

最終更新:5/21(火) 13:42
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事