ここから本文です

柔道阿部詩 左肩故障も「楽しみ」半年ぶり実戦へ出発

5/21(火) 14:59配信

テレビ東京スポーツ

テレビ東京/追跡LIVE!SPORTSウォッチャー

21日柔道女子52キロ級世界女王の阿部詩(18・日体大)がグランプリ・フフホト大会(中国)に出場するため成田空港から出国した。

昨年世界女王になったことで海外勢からの研究がより一層多くなるが「研究され、我慢しなければならない場面が多くなる。怖い部分も少しあるので、それをいいプレッシャーに変えていけるようにやっていきたい」と気を引き締めた。

 阿部は世界選手権(8月・日本武道館)代表を早々に決めており、昨年11月のグランドスラム大阪以来大会には出場せずに調整を続けてきた。
しかし調整の最中、2月の練習中に左肩を負傷すると4月には再び肩を負傷。
本格的に畳での練習を始めたのは今月に入ってからだという。日常生活でも痛みを感じることもあり、「7、8割くらい」だという。

 「世界選手権でしっかり100%に持っていけるようにと考えてるので今は7割8割でも勝てるようにしたい」と前を見据える18歳。
久々の実戦に「どう試合で自分の力を出せるかが楽しみ」と、笑みを浮かべた。

最終更新:5/21(火) 14:59
テレビ東京スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事