ここから本文です

ライザップ瀬戸社長の覚悟「来年黒字化できなければ...」

5/21(火) 12:07配信

テレ東プラス

今回は、「“激震“ライザップ復活の道は...」を放送。2019年3月期連結決算の最終損益が193億円の赤字になると発表したRIZAPグループ株式会社(以下:ライザップ)。番組では、改革に取り組む瀬戸健社長に独占密着し、グループ“減量化“を目指した会社売却や立て直しの裏側を取材。苦境に立たされた企業の復活への道筋を追う。

「来年黒字化できなければ、僕はここにいない」

5月15日(水)、ライザップの決算説明会が開かれた。瀬戸健社長が明らかにしたのは衝撃の数字。企業買収を進めたことで、売り上げは1000億円増えて2225億円になったものの利益は大幅に減少。最終損益は193億円の大幅赤字になったのだ。80社にまで膨れ上がったグループ会社の再生が進まず、構造改革の費用が膨らんだ結果だという。

ライザップの主力事業といえば、ジム部門。売りは、専任トレーナーが個室でマンツーマンのトレーニング指導をしてくれること。食事の内容をトレーナーがチェックするなど、カロリーや糖質の管理も徹底している。基本コースは2ヵ月で約38万円。全国に約190店舗展開し、会員数は13万人に上る。

瀬戸さんは24歳で健康食品の会社を設立。その9年後にライザップを立ち上げ、大ヒットさせた。瀬戸さんが20代の頃に使っていた手帳を見てみると、そこには当時の売上げ目標を記載した手書きメモが。「会社設立3年目の時、今期24億円、来期100億円(の売上げ目標)。そのまま実現している」と、かつては計画通りに会社を成長させてきたと言う。しかしその後、拡大路線を推し進めた結果、大幅赤字を出すことに。瀬戸さんは「来年黒字化できなければ、僕はここにいない」と、再生への覚悟を語る。

再生への一手として瀬戸さんが仕掛けたのは、新業態のトレーニングジム「ソウ ジム」。“ソウ“には、「壮年」と「寄り添う」という意味をこめ、ターゲットをシニア層とした。ジムを取材すると、50代以上の男女が楽しそうにトレーニングしていた。最新マシンを導入することで、1人のトレーナーが1度に何人も指導できるようになった。これにより、基本料金は1ヵ月4万円と、通常のライザップの5分の1程度に抑えることができた。健康志向のシニア層を取り込むことで、新たな会社の柱を作りたいという考えだ。

1/2ページ

最終更新:5/21(火) 12:07
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事