ここから本文です

【速報】ケフィアグループの第1回債権者集会、配当は「11社で実施見込み」

5/21(火) 14:23配信

東京商工リサーチ

会員から集めた資金を一部仮想通貨に投資

 干し柿や各種ジュースなどの「オーナー制度」で高齢者を中心に3万人以上が被害を受け、2018年9月3日に東京地裁から破産開始決定を受けた(株)ケフィア事業振興会(TSR企業コード: 298080745、東京都千代田区、代表:鏑木秀彌氏、以下ケフィア)などケフィアグループ28社の債権者集会が5月21日、都内で開かれた。
 集会では、鏑木秀彌元会長や破産管財人の内田実弁護士ら関係者が登壇。雨天にもかかわらず約1000人の債権者が出席した。

 配布された資料によると、ケフィアの負債総額は1002億7286万円。うち、一般債権は1001億5019万円に達する。
 内田管財人は、本社ビルやテーマパーク「かぶちゃん村」の売却など、資産処分を進めていた。さらに、2018年3月以降、グループ会社の社員が会員らから調達した資金の一部を仮想通貨に投資していたことも明らかにしている。
 注目される配当は、ケフィア事業振興会(ケフィア)、かぶちゃん九州、かぶちゃんメガソーラー、ケベッククラブ、九州クラブ、かぶちゃん電力、かぶちゃんファームなど11社(個人含む)で実施できる見込み。
 ケフィアは2017年11月頃から会員へ配当や利息が滞り、被害弁護団が結成。2019年2月に出資法違反容疑で警視庁が家宅捜査を行っていた。
 なお、かぶちゃん農園の代表を務めていた秀彌氏の息子の武弥氏は2月14日、都内の自宅マンションで死亡を確認された。

最終更新:5/21(火) 17:37
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事