ここから本文です

勝ち点で先を行くNZと南ア勢。苦戦のオーストラリア勢は巻き返しなるか。プレーオフ進出の8チーム枠を巡る戦い。スーパーラグビー2019

5/21(火) 17:30配信

J SPORTS

スーパーラグビー2019は、今週末第15節を迎える。残すところ、レギュラーシーズンは4節だ。前節も各地で大接戦が繰り広げられたが、プレーオフ進出の8チーム枠を巡る戦いはどれも熱かった。15節も崖っぷちのチームが奮闘する感動的な試合が見られそうだ。

首位を走るニュージーランド(NZ)カンファレンスのクルセイダーズは、前節、南アフリカ共和国ケープタウンのニューランズでストーマーズと対戦。ストーマーズのFLシヤ・コリシに先制トライを奪われ、SOジョシュア・スタンダーのPGで10点のリードを奪われる苦しい立ち上がり。しかし、FLマット・トッド、FBデヴィッド・ハヴィリらのトライで巻き返し、終盤ストーマーズに追い上げられたものの、なんとか引き分けに持ち込んだ。負けないクルセイダーズは引き分けに与えられる2点を加えて勝ち点を49とした。クルセイダーズは、第15節でNZのブルーズと対戦。さらに勝ち点を積み上げて他チームを引き離したい。

総合2位につけるNZのハリケーンズは、ホームでアルゼンチンのジャガーズを迎え撃ったが、まさかの敗北(20-28)。6割以上ボールを保持しながら3トライしか奪えず、FBジョーディー・バレットがイエローカードを受けて14人の時間帯もあった。ディフェンスも全体的に悪いわけではないのだが、ピンチで簡単にゴールラインを明け渡した。ハリケーンズは勝ち点を伸ばせず40点のまま。第15節は試合がないが、第16節はシャークス、第17節でライオンズとの対戦が控えており、ここで勝ち点をあげられるかどうかが見どころだ。勝ったジャガーズは勝ち点を32とし、南アフリカカンファレンスで首位のブルズと並んだ。第15節はワラターズ、第16節はレッズとオーストラリア勢との対戦で連勝できればプレーオフが見えてくる。

南アフリカのライオンズは、NZのハイランダーズとホームで対戦し、38-29で勝った。NO8クワッガ・スミスのWTBのような突進もあり、リアルWTBアピウェ・ディアンティ、コートナル・スコーサンも爆発的なスピードでチャンスメーク。スコーサンは勝利を決定づけるトライもあげて勝利に貢献した。ライオンズは勝ち点を30とし、ブルズとジャガーズに迫っている。南アフリカは4位シャークスも29点、5位ストーマーズは26点。第15節は、シャークスとライオンズの対戦があり、4年連続の決勝進出、そして悲願の初優勝を狙うライオンズにとっては負けられない戦いになる。

1/2ページ

最終更新:5/21(火) 17:30
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事