ここから本文です

【特集】なぜホンダ「PCX」が狙われる!?大阪でバイクの盗難相次ぐ

5/21(火) 14:57配信

MBSニュース

大阪で相次いでいる特定のバイクを狙ったとみられる窃盗事件。ターゲットとなっているのはホンダの「PCX」という車種ですが、一体なぜなのでしょうか?

犯行時間わずか数分の早業

「こちらに止めていました」(Aさん)

大阪府豊中市に住む30代のAさん。今年3月、アパートの駐車場に止めていたバイクを盗まれました。

「腹立たしい、許せない、やるせない気持ちでいっぱいです」(Aさん)

盗まれたのは、ホンダのPCXというスクーターです。Aさんは去年の夏ごろ、中古を30万円で購入しました。Aさんはすぐに警察に被害を届け出ました。警察が調べたところ、付近の防犯カメラにバイクを盗んだ後、逃走する犯人らしき人物が映っていたといいます。

「午後3時すぎに出ていくバイクが見受けられたと。おそらく犯人だろうと。1人ですね。乗って走り去っていった」(Aさん)

被害に遭った日、Aさんは仕事を終えた後、午後3時前に帰宅しました。犯人はその数分後に駐車場に入って来て、何らかの方法でバイクのエンジンを始動させ、そのまま走り去ったということで、犯行時間わずか数分程度の早業でした。

さらに、この3日後にも近くでバイクが盗まれる事件が起きました。Aさんの自宅から約1キロ離れた場所に住むBさん(40代)もアパートの前に止めていた大切な愛車を盗まれてしまったのです。

「これが切られたワイヤーロックです」(Bさん)

被害に遭ったのは、またしてもホンダのPCXでした。Bさんはワイヤー式の鍵をかけていたにもかかわらず、いとも簡単に盗まれてしまったと話します。

「あ、やられたと。大きいワイヤーカッターで切れると知っていましたが、まさか昼間とは」(Bさん)

Bさんは6年前にもホンダのPCXを盗まれる被害に遭ったといいます。

「一つの前のモデルを新車で買って盗難されたんです。今回は保険が下りないのでとられ損です」(Bさん)

7年前に大阪府摂津市で撮影された防犯カメラの映像。複数の男たちがガレージのシャッターをこじあけ、中のバイクを次々と盗みだす様子が捉えられていて、犯行時間はわずか90秒でした。

1/2ページ

最終更新:5/21(火) 14:57
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事