ここから本文です

ヤフオクD新ビル名称「E・ZO」宙づりコースターも

5/21(火) 10:25配信

西日本スポーツ

 ソフトバンクは20日、ヤフオクドーム隣接地で来年春に開業予定の自社ビル名称を「E・ZO FUKUOKA(イーゾ フクオカ)」に決定したと発表した。

【写真】地上60m宙づりレールコースターはこうなる

 地上7階建てのビルを建設中で、従来は「エンターテイメントビル」の仮称で呼んでいた。「世界最先端のエンターテインメントコンテンツが集結するゾーン」の意味を込め、Exciting、Entertainmentの「E」と、Zoneの「ZO」を取り「E・ZO」とした。

 すでに明らかになっていた1階「HKT48劇場(仮称)」、3階「フードホール」「MLB Cafe’ FUKUOKA」、4階「王貞治ベースボールミュージアム」に加え、5階が国内外でデジタルアート集団「チームラボ」が手がける空間となり、屋上には「1人乗りぶら下がり式レールコースター」を設置することも発表した。

 レールコースターは地上約60メートルの高さにスタート地点があり、ビルの壁面ぎりぎりを通過して滑降するという。球団はヤフオクドーム側の外壁に設置する、高さ約40メートルから地上まで滑り降りる全長約100メートルの滑り台とともに、スリリングなアトラクションとしてアピールしたい考えだ。

西日本スポーツ

最終更新:5/21(火) 10:25
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(水) 7:00

あなたにおすすめの記事