ここから本文です

カゴメのプレミアムスムージーでギルトフリーパフェ ロイヤルパークホテルとコラボ

5/21(火) 20:03配信

日本食糧新聞

創業120周年を迎えるカゴメは、「ニッポンの野菜不足をゼロにする」べく、さまざまな企業や自治体、団体と連携し、目標実現に取り組んでいる。その取組みの一つとして、ロイヤルパークホテル(東京都中央区日本橋)と共同で、同社のプレミアムスムージー「GREENS」を使用したギルトフリー(罪悪感のない)パフェやカクテルを開発した。

これは「からだよろこぶスムージーパフェ」とし、健康に配慮しながら、スイーツも楽しみたいというニーズに対応すべく、3品すべてを300kcal以下に設計しているのが特徴だ。カクテルは「GREENS コラボレーションカクテル」とし、4品をラインアップ、スムージーの味わいをより引きたたせ、果実の恵みを堪能できるドリンクとなる。

6月30日までの期間限定で、パフェは同ホテルの1階ロビーラウンジ「フォンテーヌ」にて、カクテルは同ラウンジと地下1階のメーンバー「ロイヤルスコッツ」で提供する。

今回のコラボレーションのきっかけとなったのが、120周年を迎えるカゴメと30周年を迎えるロイヤルパークホテルという節目の年であるとともに、両社とも「日本橋に根付いた企業であること」から、ロイヤルパークホテルから声をかけ、実現したものだという。

篠原早耶氏(カゴメ経営企画室広報グループ)は、今回のコラボレーションの目的について「『GREENS』は“品質にこだわる女性”“プレミアム”“無添加(砂糖・香料・着色料・増粘剤・保存料不使用)”をキーワードにしたプレミアムスムージーで、その特徴やキーワードが同ホテルのメーンターゲット・イメージと合致していることから、コラボレーションすることで、両社にとっての相乗効果が期待できることから実現に至った」と語る。

メニュー制作のポイントとして「“女性に喜ばれること”“健康”“(『GREENS』の特徴の鮮やかな色彩)4色の展開”“『GREENS』を含むさまざまな食感が味わえる”をテーマに、2018年の11月から、両社で何度も意見交換を行い、メニューを確定した。

ギルトフリーパフェとして300kcal以下のカロリー設計を施しているが、クリームやアイス、フルーツをふんだんに使用しているため、満足感もあるので、罪悪感なく、パフェやカクテルを楽しんでほしい」(篠原氏)という。今回のコラボレーションにより、両社の交流や関係性が深まっているのも大きな特徴だ。

日本食糧新聞社

最終更新:5/21(火) 20:03
日本食糧新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事