ここから本文です

静岡新聞社のカメラマンを「あおり運転容疑」で再逮捕

5/21(火) 19:47配信

静岡朝日テレビ

危険運転で事故を起こしたとして逮捕された静岡新聞社のカメラマンが、この事故の直前にあおり運転をしたとして再逮捕されました。

再逮捕されたのは、静岡新聞東部総局のカメラマン水島重慶容疑者(27)です。水島容疑者は今年3月、沼津市でスピードを出して交差点に進入、2人にけがをさせる事故を起こしたとして、今月8日に危険運転傷害の容疑で逮捕され、その後、釈放されていました。

警察はこの事故の直前に、水島容疑者が700mにわたって前を走る軽乗用車に、車間距離を詰めてクラクションを鳴らしたり、パッシングをするなどのあおり運転をした疑いが強まったとして、きょう暴行容疑で再逮捕しました。

県警があおり運転に暴行罪を適用したのは初めてです。

警察によりますと、水島容疑者は「クラクションを鳴らしただけ」などと容疑を否認しているということです。

最終更新:5/21(火) 19:47
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事