ここから本文です

伊藤美誠「自分のコピー選手は作れるはずがない」東京五輪に向けてさらなる挑戦の日々

5/21(火) 20:31配信

テレビ東京スポーツ

そこに秘められたドラマを、あなたはまだ知らない

去年12月、卓球界のアカデミー賞と言われるビッグイベント「ITTFスターアワード」。世界卓球MVPを受賞したのは、伊藤美誠。

【動画】可愛すぎる 女子日本代表ユニフォーム撮影「かすみみまみう」

快進撃の1年だった。世界卓球決勝、相手は対日本人37連勝中だった中国の劉詩ブン。しかしそんな超一流選手との戦いを前に伊藤は「緊張は1個もしてないですよ、楽しみが1000で緊張は0」

その言葉は、ハッタリではなかった。強烈なスマッシュで、次々と得点を奪っていく。そして世界卓球8戦全勝。この活躍でMVPに選ばれた。

11月にもビッグニュースが続く。リオの金メダリスト丁寧に圧倒的勝利をおさめると、さらに(当時)世界ランク1位朱雨玲からも大金星を奪った。主力選手を次々と倒された中国では、伊藤を「大魔王」と呼び恐れている。

卓球選手だった両親の元、2歳から卓球を始めた。世界への扉を開いたのは、11歳で訪れたロンドン。夢舞台の眩しさに、衝撃を受けた。すると、その夜…

伊藤「4年後には、この大きな舞台に立ちたいです。そして8年後には、オリンピックで優勝したいです」

その4年後、有言実行の銅メダルを獲得した。今では、世界中から研究される存在。中でも最も警戒を強めているのが中国だ。卓球選手を国家プロジェクトで強化する中国。リオオリンピックでは、全種目で金メダルを独占した。

トップ選手となれば年収2億円を超すと言われている。その強さの理由が…、コピー選手だ。プレースタイルからラケットまで、ライバルをコピーした選手が練習相手。中国ならではの対策で、これまで多くの日本選手が苦しんできた。

しかし伊藤は…
伊藤「たくさんコピー選手をつれてくるけど、違うなと思う。練習してどうぞ」

自分のコピー選手は作れるはずがない。その自信には理由がある。1球1球で変化する伊藤のプレーは誰もマネすることができないから。なぜそんな事ができるのか? ヒントは、取材中に見つかった。

なんと伊藤はラリーの最中に、喋りながらアイデアを出しているのだ。本人と指導する松崎コーチに聞くと…

松崎太佑コーチ「試合になったら自分で考えないといけない。タイムアウト、セット間しかコーチとしゃべる時間はないので、自分で考える力が大事」

伊藤「中国選手に、えっ何考えてるのって思わせる。読めない、そこが自分らしさ」

伊藤が規格外なのはそれだけではない。今年3月、カタール。伊藤は世界卓球で3種目に出場、多い時は1日に何試合も戦うという挑戦を始めた。

まずはシングルス。危なげない戦いで、見事勝利。

1/2ページ

最終更新:5/21(火) 23:27
テレビ東京スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事