ここから本文です

目が疲れた時に緑色のものを見るといいってホント? 医師が回答

5/21(火) 0:01配信

ニッポン放送

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」(5月2日放送)にて、目の疲れについて医師が解説した。

――今回はリスナーから寄せられたメール『目が疲れた時に緑色のものを見るといいってホント?』に対して、医師が回答した。

緑色は眼に優しいと言われているようですが、学術的な報告を探すのは困難です。

疲れ眼の場合、その原因を取り除くことが大切です。現代社会ではパソコンやスマホは欠かせません。近距離を見てピントを合わせるために、眼は長時間緊張状態にあります。そして眼を酷使し続けると、眼の奥の痛み、首や肩のこり、頭痛などを引き起こします。これを眼精疲労と言います。

この眼精疲労は、度の合わないメガネ、ドライアイ、老眼、白内障、緑内障、斜視なども原因になります。

まずご自身での対策法は、パソコン画面の位置を合わせ正しい姿勢を保つ、適切な照明、適度な休息、眼の周りを温め血流改善、部屋の加湿、などです。

これでも症状が改善しない場合は眼科受診をお勧めします。眼の疾患が発見された場合はそれぞれに合った点眼薬、内服薬など治療を開始することとなります。

ニッポン放送

最終更新:5/21(火) 0:01
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事